なりたい目元を手に入れる|レーザーで気軽に刺青除去|痛みもほぼなく安心

レーザーで気軽に刺青除去|痛みもほぼなく安心

なりたい目元を手に入れる

ドクター

一重まぶたは眠そう、睨んでいるなどマイナスなイメージを与えてしまいます。そのため、二重整形を受ける人が多くいるのです。一重まぶたに悩んでいる人は、美容外科で二重まぶたの整形を受けましょう。二重まぶたの整形をする際は、仕上がりをイメージすることが大切です。目は第一印象を大きく左右するため仕上がりによって印象や雰囲気が大きく異なります。また、二重線の幅や形によって目の形は変わります。自分に似合う目を把握して、理想の二重まぶたを手に入れましょう。ちなみに、日本人に最も似合う目元は末広タイプの二重まぶたです。末広タイプの二重まぶたは目頭の二重線が見えないため、メイクがナチュラルになります。日頃からナチュラルメイクをしている人に最適です。また、ハーフや外国人のようにくっきりとした目元を手に入れたい人は、幅の広い平行二重まぶたにしましょう。

なりたいイメージや二重まぶたによって施術方法を選ぶ必要があります。末広タイプや幅のせまい平行タイプ、奥二重などは「埋没法」で簡単に理想の目元を作ることができます。埋没法は糸でまぶたを一箇所から二箇所ほど留めて二重線を形成する施術方法です。また、埋没法ならまぶたを切開することがないので痛みや腫れが少ないという魅力もあります。幅の広い平行二重やお人形さんのようなパッチリとした目元を手に入れたい人は切開法で二重まぶたを手に入れましょう。切開法は理想の目元を手に入れたい人に最も適した方法です。さらに、半永久的に二重まぶたを維持することができるのもメリットです。とはいえ、痛みや腫れが長引くなどの注意点もあります。日常生活に支障をきたさないように、予め学校や仕事の休暇をもらいましょう。